設備紹介

電動麻酔器

一定速度で麻酔液を注入することで、麻酔の際の痛みを軽減します。

デジタルレントゲン

従来のレントゲンに比べ、放射線の被ばく量が1/4〜1/10と非常に少なく、体への負担が軽減できます。

CO2レーザー

生体にたいして最も安全と言われている種類のレーザーです。
炎症を抑えたり、痛みの緩和、治癒の促進、止血効果、組織の活性化などを期待して使用します。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

使用後の治療器具は、まず超音波洗浄機で洗浄し、さらに、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用して、すべてのウイルスや細菌を死滅させています。
安全性を考慮した滅菌対策をスタッフ一同徹底して行っています。

ルブリナ(ハンドピースメンテナンス装置)

歯を削る機器を自動的に注油、洗浄することで、より早くて確実なメンテナンスを行っています。